富山県の注文住宅の特徴と家探し

富山県は、日本一の持ち家率とその敷地の広さが際立っています。

日本の中でも有数の豪雪地帯であり、夏はフェーン現象による気温上昇も見られます。

立山連峰は世界でも有数な豪雪地帯です。

今まで日本には氷河が存在しないとされてきましたが、2012年に富山県の剣岳に氷河が確認されました。

それだけ、日本の中でも寒さの厳しい土地柄であることが分かります。

日本で建てられる住宅は、その土地の気候に合うように考えられて設計されています。

富山県のように寒さの厳しい土地に建てられる住宅は、寒さから家の中を守るように壁やサッシなどが工夫され、屋根に積もった雪からの強度も保たれるようになっています。

冬は雪の影響で洗濯物を干すことのできる日が少なくなってしまうので、サンルームが設けられていることが多いようです。

これは、新築の注文住宅に限らず賃貸にも採用されることが増えているようです。

さらに、全館空調や床暖房なども多く採用されていて、注文住宅ならではの特徴だと思います。

みなさんは家を注文住宅で建てようと考えたとき、どのようにして情報収集をしますか。

実際に住宅を見て検討しようと、住宅展示場をご覧になる方も多いのではないでしょうか。

図面や写真だけだと分からない部分が、実際の住宅を生で体験し、多くの家具を揃えてあることで、視覚的に理解できる良い機会だと思います。

しかし、大手の財力があるハウスメーカーしか住宅展示場には展示されていません。

施工は大手メーカーが直接行っているのではなく、地元の建設会社が下請けとして行っているようです。

大手メーカーでは設計面での融通が利きにくいことや、担当者が転勤で何年か後にはいなくなってしまうなどのデメリットもあります。

もちろん、大手メーカーの安心感やメリットも沢山ありますが、富山県の気候や風土を十分に理解している地元の建設会社ならではのサービスも検討してみてはいかがでしょうか。

人生に何度も経験することのない注文住宅を失敗することが無いよう、地元の優良企業を紹介しているサイトがこちらです。

富山の注文住宅を検討するときに役立つサイト

富山県外に住んでいる方は、地元の優良な建築会社を知る機会が少ないと思うので、ぜひ参考にしてみて下さい。